大村暮らし

facebook instagram mail
Ikeda
Ikeda

豊かな自然に囲まれて子育てしませんか?

自然が感じられる場所で子育てしたい方、必見!

大村市黒木町にある黒木住宅をご存じですか?

市営住宅にも関わらず、何と戸建住宅!

外観もモダンで、内装も明るく、キッチンやお風呂も広々しています。

 

↑広々とした間取り

庭も広く、目の前には大きな広場もあり、子どもたちがのびのび遊ぶことができます。

なぜ、ここまで子育て世帯に寄り添った住居になっているのか?

その理由を伺いました。

 

黒木地区の人口減少を食い止めたい

萱瀬ダム湖のほとりに位置する黒木小学校ですが、児童数は22名と人口減少が加速しています。

 

そんな中、少しでも次世代を担う大村市の子どもたちに移り住んでほしいという思いで作られたのが黒木住宅。

人口減少に歯止めをかけるために、住宅の応募条件は、黒木小学校へ通学することとなっているからこそ、子育てしやすい住居になっているのです。

 

魅力いっぱいの黒木小学校

豊かな自然に恵まれた環境で、子どもたちはすくすくと成長しています。

全校児童22人と児童は少ないですが、その分、一人ひとりに目が行き届いた教育や自然をテーマにした学習など、地域性を生かした教育も魅力的です。

伝統ある黒木太鼓も盛んで、夏越し祭りで披露するなど、日々練習に取り組んでいます。

人気の戸建住宅

「子どもは地域の宝物」という言葉の通り、地域一丸となって子どもを育てるという環境が整っている黒木地区に住んでみませんか?

現在の黒木住宅の空きは1戸となっております。大村市内に住所のある方のみ申し込みができるなどの要件がありますので、市外にお住まいの方は、一度地方創生課移住コーディネーターまでご連絡ください。(0957-53-4111)

抽選日などは下記リンク先からご確認ください。

○大村市営住宅募集日程

https://www.city.omura.nagasaki.jp/kenchikukanri/kurashi/sumai/shiejutaku/boshu.html

Ikeda

Ikeda

長崎市生まれ、五島育ち、3年前から大村暮らしをしています。 3歳と2歳の男の子の母で、普段はデザイナーとしてお仕事中。 大村の良さを発信していきます!

キーワード