大村暮らし

facebook instagram mail
おおむら暮らし運営
おおむら暮らし運営

大村のスーパーウーマン「石井筆子」

7月19日はスーパーウーマンの日。日本初の女性大臣が誕生した日との由来もあります。日本のスーパーウーマンと言えば、最近新五千円札の肖像でクローズアップされた津田梅子ですが、長崎県大村市を代表するなら、やはりこの人。石井筆子でしょう。

肥前国・大村藩士、渡辺清の長女として生まれた筆子さんは、東京女学校を卒業すると欧州に留学。帰国後、津田梅子と華族女学校の教師に就任し、フランス語の指導をした才女です。結婚して授かった3人の娘のうち、2人に知的障害があり、滝乃川学園に預けたのがきっかけで、知的障害者の保護や教育、自立に献身。晩年は学園長を引き継ぐも、時は激動の第二次大戦下。学園の将来を案じつつ、83歳で天に召されました。

ドレスアップした筆子さんの銅像をご覧ください。凛とした眼差しに意思の強さが表れ、引き締まった口元は慎ましく、そこはかとない気品が漂う女性です。実物写真はもっと美しい筆子さん。障害児教育の母、スーパーウーマンに加えて、プリティウーマンの称号も使えそうです。

花菖蒲が咲き乱れる大村公園前、大村小学校の通学路で、筆子さんは時を超え場所を変えて今日も、登下校する子どもたちを温かく見守っています。

おおむら暮らし運営

おおむら暮らし運営

WEBサイト「おおむら暮らし」の編集部です! 快適で楽しい大村市でのライフスタイルをお伝えします!

キーワード

おすすめ

    まだデータがありません。

    まだデータがありません。